Pilot Bridal

変わらぬ輝き、それは、二人のはじまり

◆耐久性について

一生ものにふさわしい
変形やキズに強い確かな耐久性

パイロット独自に開発した新素材「ウルトラハードプラチナ<UHP>」は、高純度と高硬度を持ちあわせ、結婚指輪にぴったりです。

変形やキズに強い確かな耐久性を実現した
「ウルトラハードプラチナ<UHP>」

「パイロットブライダル」の結婚指輪は、自社で開発した高純度でありながら硬さも併せもつオリジナルプラチナ素材「ウルトラハードプラチナ<UHP>(Pt999)」を採用。開発時には特許も取得しています<ビッカース硬度 Hv200>。この素材は変形しにくく、キズもつきにくいので結婚指輪に適しております。

これをローラーで圧力をかけながら何回もプレス(圧延)し、およそ5分の1の厚さまで圧縮。そこからリングを打ち出す「鍛造製法」で作られています。変形強度は、型に流し込み作る「鋳造」の指輪に比べて約3倍もあります。

オリジナル素材と上記のような製法により、究極の硬さをもった「パイロットブライダル」の結婚指輪ができたのです。

※ 鍛造(プレス)製法
パイロット独自のインゴット製法に加え、圧延処理、プレス機での絞り打ちなど、いくつもの製造工程を経ることで素材の密度がさらに高まり、比類のない高硬度を実現しています。

パイロットは1918年、ペン先に用いる貴金属特殊合金イリドスミンの製球・溶接に成功し、初めて純国産万年筆を製造いたしました。
その後、貴金属特殊合金の製造技術や高度な加工技術など、世界的万年筆メーカーとして磨きぬかれた技術を駆使し、新しい素材と斬新な製品を次々に世に送りだしてきました。

多くのお客様にパイロットの宝飾品が、愛されている理由。
それは、卓越された技術に裏打ちされた自社一貫生産・販売体制にあります。
お客様の評価をダイレクトに受け止め、新しいニーズをいち早くとらえることにより、よりすばらしい製品を開発する。このような姿勢を守り続け、自信と誇りをもって信頼の輝きをお届けします。



◆着け心地について

ずっと身に着けるものだから
究極のやわらかい着け心地

パイロットブライダルリングならではのやわらかい着け心地とスムーズな着脱は、高い技術力で実現した仕上げに秘密があります。

究極のやわらかい着け心地を叶えた
「内甲丸仕上げ」

内甲丸とは、着け心地を良くするためにリングの内側の角をとり、丸く仕上げる加工のことを言います。
通常、日付やイニシャルなどの刻印をするため、リング内面を平らな面に加工して作られます。
「パイロットブライダル」のリングは、機械加工ならではの精密な曲面形状に仕上げることで、角がないなめらかな指あたりをもちながらも刻印や誕生石を入れられるようにしました。
本来幅の細いリングでは難しい曲面形状も、自社工場で作ることにより可能となりました。

神聖な鐘の音がチャペルに鳴り響き
待ち望んでいた瞬間が訪れる

天空から降り注ぐ聖なる光 聖歌隊の歌声
パイプオルガンの音色

まるで演奏会のように感動的な祝福に包まれて
私たちは永遠の愛を誓った

これまでになかった輝きを指元にまとって

着け心地と硬さにこだわった
究極の結婚指輪

Pilot Bridal
~パイロットブライダル~

それは長い道のりを一緒に歩む
二人のはじまりの証

比べればわかる、一生モノのリング



詳しくは 「パイロットブライダル」 ブランドページで

http://www.pilot-bridal.jp/

≫商品一覧ページにもどる