11時のティータイムのこだわり

11時のティータイムでは、ジュエリーの品質・デザインはもちろん、ジュエリーのラッピング、アフターケア、仙台一番町に構える実店舗のすみずみに至るまで、いかによりハッピーをお届けできるかをいつも探求しています。

11時のティータイムのジュエリーがラッピングされたパッケージを開けたとき、お客様に笑顔になっていただけるように、いつもいつも心を込めてお包みしています。

ジュエリーとは、あえてなくても生活のできるものですが、11時のティータイムでは、ジュエリーを手にとっていただくことで、毎日の生活がより楽しく、ハッピーに過ごせるお手伝いが出来たら‥と考えています。

日々の生活にちょっとしたスパイスを与えてくれる、そんなに高価ではないけれど着けるたびに嬉しい気持ちになれるもの。
そんなジュエリーをお届けしたいと思っています。

また、永遠性のある、高品質のジュエリーは、人生にうまれていくアニバーサリーをお祝いし、彩るものにぴったりです。当店では、大切な記念日をより想い出深いものに変えるジュエリーを、自信を持っておすすめしています。

日々を重ねていくとうまれていくアニバーサリー。

お誕生日、結婚記念日、ご出産‥

の都度にふさわしいジュエリーをご提案いたします。

『ジュエリーショップ 11時のティータイム』は、宮城県仙台市中心部のアーケード内(しまぬきビル2階)にあるジュエリー専門店です。

11時のティータイム仙台店では、お気に入りのカフェのようにくつろげる空間で、さまざまなジュエリーを実際に手にとって、お試しいただくことが出来ます。

ファッションジュエリーはもちろん、人生の大きな節目となる結婚にもふさわしいブライダルジュエリー。

広々とした店内に700本以上の結婚指輪・婚約指輪等ブライダルリングを常時展示しています。

実店舗でいつもお客様に接しているからこそ、直接お会いすることの出来ないネット上にてお買い物をしていただくお客様にも心をこめたやりとりが出来るものと 実感しています。さらに、お買い上げいただいたジュエリーを末永くご愛用いただけるよう、安心のアフターサービスをお約束いたします。

どうして「11時のティータイム」という店名なの?

一見すると、ジュエリー店ではなく喫茶店?と思われてしまいそうな店名ですが、 「11時のティータイム」にはこんな願いが込められています。

イギリスでは、午前11時頃に お茶を飲むそうです。

「elevenses(11`ses)という、単語にまでなっているんです。イレブンジィズは家庭はもちろん、学校やオフィスでも大切にされている時間です。今日のお茶のお菓子は何が良いか、わくわくしながら・・
・・そんな、優しい気持ちになれるteatime。『ジュエリーショップ 11時のティータイム』は、そんな素敵な気持ちのゆとりをお届けしたいと考え、「elevenses」(11`ses)を日本語にして、 お店の名前につけました。

Teatimeしながら、ジュエリーを眺めて、ほっと和んだり。
ジュエリー達が、ハッピーを運んでくれますように。