ダイヤモンドの基礎知識

◆4C
他の宝石と異なり、ダイヤモンドは『輝きを楽しむ宝石』輝きこそがダイヤモンドの魅力です

4Cとは、ダイヤモンドの個性とも言えるカラット(Carat=重量)、カラー(Color=色)、クラリティ(Clarity=透明度)、カット(Cut=全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)のことで、それぞれの単語の頭文字をとって『4C』と呼ばれています。

11時のティータイムで主にご提供するグレードについては以下に記載しております。
その他、お客様のご要望によってご用意させて頂くことも可能です。お気軽にご相談下さい。

◆カラー(Color=色)

無色透明なダイヤモンドをDカラーとし、以下アルファベット順にZカラーまで等級付けされ、Zに近づくほど黄みが強くなっていきます。無色に近いほど希少価値があります。

◆カラット(Carat=重量)

ダイヤモンドの大きさを示すものと思われがちですが、実際は宝石の重量を表す単位で1カラット=0.2gです。
他のグレードに比べて一目で判断が付きやすく、リングや指のシルエットに大きな影響を与える項目なので、デザインやバランスを考えてご提案致します。

◆クラリティ(Clarity=透明度)

ダイヤモンドの表面の傷、また内包物(インクルージョン)の大きさ、位置、数によって判定されます。
11段階に分けられますが、エンゲージリングに選ばれるのは、肉眼で内包物を確認する事が難しいFLからSIグレードが一般的です。

◆カット(Cut=全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)

4Cの中で唯一人の手が加わる項目です。
カット・ポリッシュ・シンメトリーの3つが5段階評価で等級付けされます。すべてが最高評価のエクセレントである「トリプルエクセレント」は、ダイヤの輝きを最大限に引き出す理想的なカットです。

◆ハート&キューピッド

カットの評価項目の中でも『シンメトリー(対称性)』が特に優れているダイヤモンドは特殊なスコープで覗くと8つのハート・矢を見ることが出来ます。
「天使に祝福されたダイヤ」と評され、永遠の愛を誓うエンゲージリングにピッタリです。

◆鑑定書

11時のティータイムではお客様にご安心して頂けるよう、国際的な統一基準に則り、第三者機関によって公平に鑑定されたダイヤモンドのみを取り扱っております。